不動産屋さんから

われ、暗号通貨侍になる。

2時にグンと上がりそうなチャートをしてるので、それまでの間に暗号通貨がやばいという事を書く

結論から言うと暗号通貨の市場規模がやばい。

まず、暗号通貨とは何ぞや?
暗号通貨とはビットコインとかモナーコインなどのデジタル仮想通貨のことである。

はい、デジタル仮想通貨ここがやばい!仕組みがまずやばい。
仕組みを簡単に言うと、インターネットを通じて全世界で個人間のデータのやり取りを承認すると、それはお金と同様である。という画一的な価値観(ブロックチェーンという技術)から産まれたのが第1世代の暗号通貨ビットコインである。(10年前)

一昨年にイーサリアムとかいう第2世代の暗号通貨が出てきた。
イーサリアムのやばい所は、全世界でデータのやり取りを承認するシステムに複雑な契約書を追加することができ、それが全世界で承認されるということである。

これは例えば、今やと不動産屋さんからお家買いましたとなると、不動産屋と個人の契約になる

これが、不動産屋と個人の契約をお金のやり取りの中に組み込んで全世界でこれは貴方のお家ですと承認されて、全世界の人々で記録を遡って確認することができるという保証付き。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ