不動産のアクセント

今日のランチは西区琴似にある『ソバヌードル-鶴HAKU-』です。

鯛出汁+鶏ガラの中華そばスタイル。
スープが真っ黒でビックリしましたが、見た目と違ってあっさり醤油でした。

でもなー鯛が感じられないし、生姜の意味もスダチの意味も伝わらない。
不動産のアクセントの意味なら、どちらももぉ少しよこせ☆☆☆

店名の「鶴」 つるぢゃなくて「HAKU」←韓国読みっていうの?
花札を連想させますね・・・ ん?松が無いぞexclamation & question

点数も高くて縁起の良い札だが、よく考えたら赤い太陽(月?)って不思議だ。

パソコンググッてみると、元になったのは中国の『松鶴長春」』とあった。
だが、「松に留まる鶴などいない・・・ コレは「こうのとり」だ」と。

でもねー私、弟子屈の旅館に泊まった時、朝、カーテンを開けると電線に鶴が留まってる
のを見たんです(火サスのテーマを流して読んでねるんるん

鶴の足(形状)からして、それは絶対にない衝撃と言われ続けて数十年。
『アレはサギ?』と思う今日この頃・・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ